2009年03月22日

君子は重からざれば則ち威あらず。

くんしは おもからざれば すなわち い あらず

(意味)リーダーは言葉や動作に重々しさが無いと、威厳が無い。


→ 現代は、軽薄短小の時代であり、総理大臣すら軽い。

つまり、リーダーが軽いことが、時代を表している。

真のリーダーは、鍛えられた精神の重さがおのずと言動に表れる。


posted by なわたろう at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学んで時に之を習ふ。亦説ばしからずや。

まなんで ときに これを ならふ。また よろこばしからずや

(意味)聖賢の道を学び、時々に応じて復習する。

誠に喜ばしいことだ。

→ 学んだときにわかった気になるが、

実は浅い理解であることが多い。

時間をおいてその知識を復習してみると、

それまでのさまざま経験により、理解が深まる。

そして、開眼することがある。

昔学んだことを振り返ってみよう。
posted by なわたろう at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朋あり遠方より来る、亦楽しからずや。

とも あり えんぽうより きたる、また たのしからずや

(意味)同志がいて遠いところからも訪ねてきてくれる、

なんと楽しいことではないか。

→ 朋とは、同じ目的のために共に戦う同志のこと。

人間は思想においてつながることができる。

ごく身近な社員と、同志としてつながっているか。
posted by なわたろう at 14:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 論語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。